新型コロナウイルスは実は怖くない?

今世間を騒がせている新型コロナウイルス

中国では死者600人 感染者3万人

恐ろしい!世界中に蔓延してバンディミックの様相を見せてます!

日本でもマスクが売り切れ高騰!

感染の恐怖でおののいている人も多いと思います。

コロナウイルスは恐怖のウイルスなのか?

実は感染率は強くない

欧州疾病予防管理センター(ECDC)によると、1人の感染者が何人に感染させるかという感染力は、暫定的に「1.4人~2.5人」と見積もられている。 これは「2人~5人」だったSARSや、「1.4人~4人」というインフルエンザに比べれば弱い。空気感染(飛沫核感染)するはしか(麻疹)の「12人~18人」と比較すれば、その感染力の弱さが分かるだろう。つまり共に長時間生活するなどの濃厚接触がない限り、感染しないのである。 感染者のどのくらいが命を落とすかという致死率はいまのところ3%程度で、10%だったSARSの半分以下だ。プレジデントオンラインより
そうなんです、それ程感染力は強くない!むしろ弱いです。

中国以外の死者はかなり少ない

【ニューヨーク=野村優子】米国でインフルエンザが猛威を振るっている。米疾病対策センター(CDC)によると2019~20年のインフルエンザシーズンは患者数が1900万人、死者数は1万人を超えた。世界で新型コロナウイルスの感染拡大が懸念されるなか、米国ではインフルエンザが大きな脅威となっている。日本経済新聞より
実はインフルエンザの患者数のほうが多く死者も多い! 日本でも毎年100万人がインフルエンザに感染します。 そう考えるとそんなに脅威ではない!

中国の病院体制が被害を拡大してる?

医療設備や医療体制が十分整っていない中国だから、あれだけ感染が広がり、その結果、死者が増えているのである。 事実、中国から届くSNSの映像を見ると、武漢の病院は重症度によって治療の順番を決めていく「トリアージ」さえできていない。「発熱しているのに診察してもらえない」と興奮して訴える医療関係者の姿もあった。病院の中がパニックとなり、機能不全に陥っている。プレジデントオンラインより
病院の受け入れ対策のゴタゴタがこの結果を生んでいるみたいですね 病院施設や受け入れ態勢が整った日本ではこうなりえません! コロナウイルスはもし日本に来てもこれ程の状況にはならないかと 日本のほとんどのメディアは騒ぎすぎで まるでエボラウイルスのような致死率の高い病原体が空気感染するようになって人類を襲ってきたかのような騒動だし報道ですよね ここは事実を正確に把握して、落ち着いて対処することが重要である

恐れる必要はないが注意は必要!

1点目は「潜伏期間」について。新型コロナウイルスは感染してから発症するまで1日から14日あるとみられている。この潜伏期間中に他人に感染させる危険性がある。さらに感染しても発症しない不顕性感染者の存在も指摘されている。そうした場合、感染者には自覚症状がないため、元気に歩き回り、感染を広める危険性がある。 2点目は「健康弱者」について。新型コロナウイルスの症状は、その多くが軽症だが、心臓病など基礎疾患のある人や高齢者といった健康弱者は、症状が重くなる危険性がある。身の回りにそうした健康弱者がいる場合は、特に注意が必要だ。プレジデントオンラインより
そうなんです、警戒と注意、対策は必要ですね

コロナウイルスのまとめ

そんなに恐れることはありません 感染力がそもそも弱いのですから うがい、手洗いが予防に有効らしいのでこまめに行うのが大事! もしもコロナウイルスの兆候感じたら病院に行けば心配はいらないです。 何も恐れる事はありません!